執行クリニック執行クリニック

手術実績― 2月20日現在

そけいヘルニア手術実績 1998年7月から現在11,592

初診予約について

24時間ネット初診予約

鼠径ヘルニア・臍ヘルニアの初診に限り
ネット予約を受け付けております

予約電話番号

お電話 03-3235-9939

平日 平日 9:00~17:00 土曜日 9:00~12:00

※日曜祝祭日は予約出来ません

胆石症とは

Gallstone

執行クリニックでは、胆石症の日帰り手術を行なっています。

胆のうはどういう臓器?

胆のうは肝臓に付着している洋梨くらいの大きさの臓器です。

肝臓から分泌された消化液(胆汁)は肝臓の中の管(肝内胆管)とメインの管(総胆管)を通り十二指腸に注ぎ込まれます。
総胆管の途中から別れた、ため池のような臓器が胆のうです。

胆のうの仕事はスポイトのように胆汁を押し出す役目と胆汁を濃縮する役目がありますが、なぜ存在しているのかよく分かっていない臓器です。

胆石症とは

胆石症とは?

胆石症とは、肝臓で作られた胆汁という消化液の通り道である、胆のうや胆管に結石ができる病気の総称です。
特に胆のう内に結石 が生じた場合を胆のう結石症(単に胆石症ということもあります)といいます。

胆のうに結石があっても無症状で経過する方もいますが、多くの方は症状をあらわします。
胆のう結石症に特徴的な症状として、食事後、特に油ものを多く食べた後に、みぞおち(心窩部)辺りからやや右寄り(右季肋部)に違和感や痛みを感じます。
また背中や右肩にかけての鈍痛を感じることもあります。
また、単に上腹部の違和感や腹部膨満感など、胃や腸の症状と区別が難しい場合もあります。

胆石症とは

胆石症とは

胆石症とは
胆石症とは

なぜ石ができるの?

胆汁は脂肪の一つであるコレステロールや酸、色素、たんぱく質、無機質を含んでいます。それぞれの濃度が変化すると結晶が析出してきて石になっていきます。従って胆石と言っても色々な種類の成分を持った石が多数存在するのです。

胆石は治療が必要?

石が胆のうにあっても症状のある方とない方がいます。もし腹痛などの症状が1度だけでもあった方は治療をお勧めします。放置すると急性胆のう炎や急性胆管炎、急性膵炎などを起こし、緊急入院、緊急手術が必要になることがあります。

無症状の方は基本的に経過を見ていただいても結構です。しかし超音波検査やCT検査で胆のうの壁が厚くなってたり胆のう機能が低下している場合は治療の対象になります。

胆石があると胆のうがんになりやすいということは証明されていませんが、胆のうがんの患者さんは胆石のある方が多いことは一般的に知られています。

胆のう症疾患の治療

胆のう結石症の治療方法は、ウルソというお薬を内服する薬物療法、体外から衝撃波をあてて結石を砕くESWLという方法、手術による治療があります。

薬物療法、ESWLには適応がありますが、基本的に石が柔らかくて胆のう機能が正常である必要があります。確実な治療法は胆のうを切除する手術療法です。

胆のうポリープとは?

胆のうポリープとは胆のうの内腔にある粘膜の盛り上がりのことをいいます。人間ドックの超音波検査で発見されることがほとんどで、症状はないのが普通です。

胆のうポリープには大きく分けて粘膜細胞が増殖してできる腫瘍性のものと、コレステロールが沈着してできる非腫瘍性のものがあります。
コレステロールポリープはがんになることはありませんが、腫瘍性のポリープは良性と悪性のどちらの場合もあります。

胆のうポリープの診断

胃がんや大腸がんは内視鏡で直接観察して細胞を生検することで診断可能ですが、胆嚢はからだの深いところにある臓器のため、カメラを挿入することが困難です。したがって超音波やCT、MRIで診断をしますがポリープが小さいと確定診断をつけることは困難です。

お薬などでは縮小は期待できません。ポリープの大きさが10mmを超えると約25%にがんが認められるので、がんを否定できない場合は手術で胆のうを取り除くことが必要です。

手術による治療法は病気の胆嚢を胆石とともに摘出することで、確実に1回の手術で胆石症を根治できる方法です。以前は、腹部を10~15 cm開腹し、胆嚢を直接見ながら(直視下に)摘出する方法でした。しかし近年は腹腔鏡による胆嚢摘出術(腹腔鏡下胆嚢摘出術)が行われています。この方法は、おなかに開けた小さな穴から中に内視鏡(腹腔鏡)を入れ、おなかの中を二酸化炭素ガスでふくらませて、テレビモニターでおなかの中を見ながら手術を行ないます。

お臍の下のカメラを入れる穴以外に、電気メスなどの手術器具を使うために3ヶ所の小さな穴を開けて、普通の手術と同じように安全に胆嚢を切除します。手術前の検査でこの方法が可能と診断された場合でも、高度な胆嚢の癒着や出血などの理由で、腹腔鏡下での手術が不可能となり開腹による普通の手術に切り替わる可能性もあります。

院長


胆石症の治療の流れ

執行クリニックにて胆石症外来を開設しています。外来にて診察後に手術の必要性がある場合は、手術前検査を行います。
受診の予約・お問い合わせは
03-3235-9939へお願いします。

1 初診のご予約

お電話(03-3235-9939)にてご予約ください。
大学病院等で各種検査(CT検査など)が済んでおり、結果をお持ちの方はご持参ください。
問診票記入、診察後に腹部超音波検査・CT検査を行います。すべての検査が終了した後、担当医が治療方針の説明を行います。
手術適応の必要性がある場合、DIC-CTの予約を行ないます。

2 DIC-CT検査

DIC-CT検査を行います。DIC-CT検査とは、点滴で胆汁中に排泄されるヨード造影剤の点滴を行った後、CTを撮影し胆のうや胆管を詳しく調べる検査です。
検査はX線CT認定技師・シニア診療放射線技師などの資格を持つ専任の技師が担当し、3D画像の作成など治療に有益な医療画像情報の提供を行います。
その後担当医から術式や入院の説明があります。2回目の受診時には、あらかじめ手術を希望する日を決めておいてください。

3 手術の説明、入院日・手術日の予約

手術の説明を受けた後、入院日・手術日を予約します。
執行クリニックでは、日帰りから最長3泊までの入院で対応いたします。場合によっては、追加の検査(胃カメラなど)を受けていただく場合もあります。

4 DSコーディネーターによるオリエンテーション

DSコーディネーターによるオリエンテーション。日帰り手術は特別なプロセスで行います。
手術当日を含め、それまでの過ごし方などを説明させていただくことをオリエンテーションといいます。
日帰り手術は高度な医療サービスです。クリニックでの滞在時間が極めて短いので、患者さま自身が日帰り手術を受けるという意識と理解がたいへん重要です。
手術当日までの過ごし方、前日の過ごし方など、手術までの生活や、急に痛くなった時の対応などをしっかり説明させていただきます。
日帰り手術は、患者さまの負担を軽減し、病院で過ごす時間を短くするために患者さまとともに進める必要がありますので、ご理解とご協力をお願いしております。
手術後に「受けてよかった」と思っていただける結果をいっしょにつくりましょう。

5 入院

手術当日の午前中に入院していただきます。
手術前処置(臍処置、除毛など)を行い、手術開始となります。(手術時間は約60~90分です)

6 手術

手術当日の退院、もしくは翌日の退院となります。
日帰り手術には適応があります。(最長術後3泊まで対応)

7 術後診察

手術後1週間後、2週間後に来院していただき、手術部位のチェックや血液検査を行います。
その後の受診については患者様と相談の上、決めさせていただきます。手術が終わって半年後に腹部CT検査を行い終了となります。

よくあるご質問 Q&A

Q最近、食後にみぞおちが痛くなります。胃カメラを行いましたが、異状はありませんでした。
胆石の可能性はあるのでしょうか?

A胆石症でみぞおちが痛くなることがあります。受診して超音波検査をお受けください。

Q溶解療法(薬の内服)、ESWL(体外衝撃波結石破砕療法)の適応を教えてください。

A溶解療法の適応はコレステロール石で1.5cm以下の浮遊結石や泥状の石、
ESWLの適応は純コレステロール石1個、直径2cm以下でどちらとも胆のうの機能が正常である必要があります。

Q胆石になりやすい人はいますか?

A「4つのF」という言葉があります。
中年(Forty and fifty)、婦人(Female)、肥満(Fatty)、色白(fair)の方が罹患しやすいという意味です。

Q胆のうを切除しても問題ないですか?

A胆汁の流れを川の流れに例えると、肝内胆管は支流、総胆管は本流、胆のうは本流に接しているため池にあたります。
従ってもともと機能の低下している胆のうを切除しても、全く問題は起こりません。
ただし正常の胆のうを切除すると時々、1~2か月くらい排便回数が増えたり下痢気味になる場合があります。これは自然に治りますが、お薬でも改善します。

Q胆のうの手術は日帰りで可能ですか?

A可能です。当院では日帰り手術を行えるように手術の工夫、システムの構築を行っています。
ただし、ご本人の体力や胆のうの炎症程度によっては1〜2泊の入院が必要になることもあります。

Q手術後退院してすぐ働くことはできますか?

A仕事の内容によりますが、肉体を酷使しないお仕事なら大丈夫です。
一応、2週間くらい筋肉トレーニングや運動は控えていただいています。

お問合せ

分からないこと、相談したいこと、お気軽にお問合せください。

  • 電話でのお問合せ
  • 03-3235-9939
  • 平日 午前9時~午後5時 土曜日 午前9時~午後12時
    ※日曜祝祭日は予約出来ません
  • FAXでのお問合せ
  • 03-3235-9941
  • 24時間受け付けています。
24時間ネット予約