ホーム > 鼠径ヘルニアとは

鼠径ヘルニアは、お腹の筋肉の薄いところから腸が押し出され、皮膚のところまで飛び出す病気です。

鼠径ヘルニアについて、まずその病名からお話しさせていただきます。医療に使われる言葉は一般的には少しなじみのないことであったり、解剖学的な言葉で聞き慣れない言葉も含まれています。少し雑学的なお話になりますが、語源を知れば原因や構造が見えて参ります。

鼠径ヘルニア(脱腸)とは

鼠径ヘルニア(脱腸)イメージ鼠径ヘルニアは、脱腸とも言われます。脱腸はその言葉の通り、腸が脱することで腸が飛び出している様で、正常な位置から動いているとも取れます。鼠径ヘルニアの”そけい”は漢字で書くと”鼠径”です。 鼠(ねずみ)と径(ケイ)の2文字から出来ていますが、先に”径”から説明しますと、径は新しい漢字で実は”蹊”が語源です。 読みは同じでケイですが意味のひとつに”こみち”つまり通り道と考えられます。 何が通るのかというと鼠の通り道だったという事になります。 鼠は何かということが気になりますが、元々は男性の生殖器である睾丸を意味します。

ヘルニアという言葉は耳にされたことが有るかと思いますが、”ヘルニア”という 言葉の意味は、”飛び出す”ことを意味します。 ヘルニアという病名では椎間板ヘルニアなど有名です。つまり何かが飛び出して通常の状態にない事を表します。

まとめると、睾丸が通った所から腸が飛び出した。という事になります。
お腹の中にあった睾丸がお腹の膜の外に出るための道を意味しているので、小さい子ども、中高年の男性が多いというのも納得できる病気です。その道は、筋肉が薄くなっているので血管も通り道にしています。
女性よりも男性の病気であることや、年齢とともにその部分が弱くなって腸が出てくることが理解できると思います。

人体の構造上の疾患とも言える脱腸

先の話の通り、構造的に弱い部分を設ける必要があったという避けられない事情が ありますが、もっと深く考えてみると人が二足歩行を始めた頃に話はさかのぼります。足の付け根の筋肉が薄くなっているのは構造上の問題としても、お腹の中にある臓器は腹膜で包まれ、その外を筋膜と筋肉で支えています。 人は立って歩くようになったため、常に重力と戦っています。重力に耐えられない場合は、弱いところから押し出されてしまいます。そのため、横になったときはそけい部の膨らみが戻ります。つまり人間が持つ構造的な弱い部分から発生する病気ですので、人が歩くことをやめない限りなくならない病気かもしれません。
※これは、学術的に証明された事ではなく構造上の問題点と発生のメカニズムをわかりやすく説明したものです。

鼠径ヘルニア(脱腸)の症状

鼠径ヘルニア(脱腸)の種類1. 外鼠径ヘルニア(間接型)

幼児と成人が発症するほとんどの脱腸が、外鼠径ヘルニアです。そけい部のやや外が膨れてきます。内鼠径輪から小腸が外へ向かって飛び出します。内鼠径輪は、お腹から外へ伸びている血管と精管の通り道の中に腸が入り込みます。内鼠径輪が拡大して小腸が入りこんで、これが少しづつ大きくなると最終的には陰嚢にまで小腸が脱出してくることになります。嵌頓(かんとん)になる可能性も高いです。比較的若い患者さんはほとんどがこのタイプです。中高齢者にも多いタイプですので一般的な脱腸と言えます。

2. 内鼠径ヘルニア(直接型)

内鼠径輪より内側の鼠径三角という場所からの腸が押し出され飛び出す形を内鼠径ヘルニア(直接型)と言います。 中年以降の男性に多いのが特徴です。そけい部のやや外側が膨れてきます。腹壁を腸が突き破り、ヘルニアが起こります。

3. 大腿ヘルニア

女性に多いヘルニアです。特に多産の高齢の女性に多いのが特徴です。 そけい部の下のふとももが膨らみます。足への血管の脇へはみ出すヘルニアです。最も嵌頓を起こしやすいヘルニアなので早急に治療が必要です。上記の2つ以上のヘルニアが合併するケースもあります。

鼠径ヘルニアは、ヘルニアが起こった場所から3つの種類に分けられます。

ヘルニアになる腸は、小腸がほとんどです。まれに大腸もヘルニアを起こしますが、小腸と考えた場合、小腸は直径2センチから3センチ程度ですので3センチ程度の弱い部分があればお腹の力によって押し出すことは可能です。お腹に3センチ程度の弱い部分は誰にでもありますので、鼠径ヘルニアは誰もがなる病気といえます。

分からないこと、相談したいこと。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

初診・手術予約状況

手術予定表

初診・手術予約状況

日帰り手術実績

スタッフ紹介

脱腸コラム

学会実績

交通アクセス

東京ヘルニアセンター 執行クリニック

〒162-0803
新宿区赤城下町62番地アネックス62-1F
TEL. 03-3235-9939
FAX. 03-3235-9941

交通アクセス

メディア掲載実績

上に戻る