ホーム > 鼠径ヘルニアとは > 鼠径ヘルニアの再発

従来の筋肉を縫い合わせる手術方法では10%近い再発率、メッシュを使う方法では1%以下の再発率ですが、再発の可能性はゼロではありません。

手術後に、手術をした側がまた脱腸になることを再発といいます。メッシュを使う方法の場合は1%以下の再発率ですが、再発する可能性はゼロではありません。再発の主な原因は手術のやり方にあるといえますが、熟練した医師が行っても再発がゼロになるとは言い切れません。また、不可抗力によって起こる可能性もあるので、再発についての知識を学んでおくことが大切です。

脱腸は何故再発するのか

脱腸の再発鼠径ヘルニアの再発率は手術の方法で大きく変わります。しかし、後天的な要因が継続的に重なり再発してしまう事があることも知っておいてください。手術を行ったが、立ち仕事、力仕事を継続したために再発したということもあります。運動による再発もあります。仕事を変えてしまうことや運動しないようにするのは困難ですが、脱腸になりやすい体質ならば注意することも忘れないでください。

再発の症状としては、手術前と同じように、やわらかく押せば戻るようなふくらみが同じような場所にみられます。ふくらみは無く、痛みだけがある場合も再発の兆候と考え注意して下さい。また、再発でも嵌頓(かんとん)になることがあります。少しでも気になることがあれば早めに受診してください。 手術治療をしていない側に鼠径ヘルニア(脱腸)が出た場合は再発ではありませんが、嵌頓が起こる可能性があります。左側が鼠径ヘルニアになった方は、右もなりやすいです。統計では10%以上の方が、もう片側もヘルニアになります。

執行クリニックでは、再発された方にはより精度の高いHybrid法の手術を行い、再発を繰り返さない治療を行っております。

分からないこと、相談したいこと。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

初診・手術予約状況

手術予定表

初診・手術予約状況

日帰り手術実績

スタッフ紹介

脱腸コラム

学会実績

交通アクセス

東京ヘルニアセンター 執行クリニック

〒162-0803
新宿区赤城下町62番地アネックス62-1F
TEL. 03-3235-9939
FAX. 03-3235-9941

交通アクセス

メディア掲載実績

上に戻る