ホーム > 鼠径ヘルニアとは > 鼠径ヘルニアになりやすい人

乳幼児、中高年でも鼠径ヘルニア(脱腸)患者の80%以上が男性です

加齢を考慮すると、鼠径ヘルニアになりやすい人は中高年の男性です。さらに言えば、力仕事や立ち仕事が多く、喫煙し、肥満気味で便秘の人が鼠径ヘルニアに最もなりやすい人のイメージです。

40代以上の中高年は、鼠径ヘルニアの原因に職業が関係していることが指摘されており、腹圧のかかる製造業や立ち仕事に従事する人に多く見られます。便秘症の人、肥満の人、前立腺肥大の人、咳をよくする人、妊婦も要注意です。

性別と年齢での発症について

子ども 圧倒的に男性が多い
成人(大人) 特に差が無い
中高年 圧倒的に男性が多い

執行クリニックでは、鼠径ヘルニアになりやすい人もそうでない人にも分かりやすい医療情報を提供しております。地域の皆さまに市民講座として、「日帰り手術」や最新鼠径ヘルニア、下肢静脈瘤、胆石治療等について患者さまの立場から見た身体と家計に優しいこれからの医療を知っていただける講座を開いております。

医療講座

分からないこと、相談したいこと。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

初診・手術予約状況

手術予定表

初診・手術予約状況

日帰り手術実績

スタッフ紹介

脱腸コラム

学会実績

交通アクセス

東京ヘルニアセンター 執行クリニック

〒162-0803
新宿区赤城下町62番地アネックス62-1F
TEL. 03-3235-9939
FAX. 03-3235-9941

交通アクセス

メディア掲載実績

上に戻る