ホーム > 日帰り手術とは > 日帰り手術の流れ

日帰り手術の流れ

日帰り手術は高度な医療サービスです。事前に患者さまの「日帰り手術を受ける」というご理解と協力が不可欠です。

執行クリニックでの鼠径ヘルニア日帰り手術の流れについてご説明させていただきます。手術に至るまでのプロセスは、通常の手術治療ほど複雑ではありません。事前の検査入院や、何度もクリニックに足を運んでいただく必要もありません。しかし、クリニックへの滞在期間や訪問回数が少ないからこそ、患者さまの事前のご理解、知識、協力が不可欠です。自宅に帰られてからも、最低限の期間は適切な生活を送っていただく必要があります。

あとで、『手術を受けてよかった』と思えるような日帰り手術となるよう、スタッフ一同、精一杯治療のお手伝いをさせていただきます。

初診の予約

初診のご予約はお電話(03-3235-9939)で承ります(Eメールでのご予約はできません)。

来院の日時についてお約束いただき、初診当日は東京ヘルニアセンター・執行クリニックまでお越し下さい。

初診の予約 0332359939 平日の午前9時から午後5時
執行クリニックへのアクセス

初診

初診において、問診・触診・検査を行います初診では、鼠径ヘルニアなのかどうか、日帰り手術を行うことが出来る状態かどうかを診ます。具体的には問診・触診・検査を行います。検査は超音波検査、X線、CTを使います。当クリニックでは、手術治療を行う患者さま全員にCT検査を実施しております。検査はX線CT認定技師シニア診療放射線技師などの資格を持つ専任の技師が担当し、診断・治療に有益な医療画像情報の提供を行います。

CT検査、触診

検査の結果、鼠径ヘルニアと診断された場合は手術治療になり、鼠径ヘルニアの手術治療について説明させていただきます。ご理解頂ければ、日帰り手術についての説明を行います。

初診は、院長執行と複数の外科医が交代で2診体制で行っています。今まで初診予約にお待たせしていた事を改善する取り組みを行っております。2診体制になり、初診を早く受けて頂けるようになりました。

診察・検査の結果、鼠径ヘルニアで手術治療になる場合は全て院長執行友成の管理のもとチーム医療での治療が進みます。

オリエンテーション

DSコーディネーターによるオリエンテーション日帰り手術は特別なプロセスで行います。手術当日を含め、それまでの過ごし方などを説明させていただくことをオリエンテーションといいます。

日帰り手術は高度な医療サービスです。クリニックでの滞在時間が極めて短いので、患者さま自身が日帰り手術を受けるという意識と理解がたいへん重要です。手術当日までの過ごし方、前日の過ごし方など、手術までの生活や、急に痛くなった時の対応などをしっかり説明させていただきます。担当は術前検査・基礎疾患・麻酔・手術術式・術後経過のすべてに精通しているDSコーディネーターが行います。患者さま・ご家族さまとのコミュニケーションを通して、安心感・信頼感・満足感が得られるよう努めております。

日帰り手術は、患者さまの負担を軽減し、病院で過ごす時間を短くするために患者さまとともに進める必要がありますので、ご理解とご協力をお願いしております。手術後に「受けてよかった」と思っていただける結果をいっしょにつくりましょう。

日帰り手術の日程と書類オリエンテーションの際に、手術の日にちにを決めさせて頂きますので、あらかじめ患者さまの予定をご確認の上お越しください。また、手術当日にお持ちいただく書類をこの時にお渡ししますので、手術当日に必要事項をご記入の上、持参ください。

日帰り手術までの期間

日帰り手術1週間前から前日の期間手術の1週間前に、担当の看護師からお電話を差し上げます。手術日の確認から、オリエンテーション以降の病状の変化などをお尋ねします。

手術前日まで食事は普通にとっていただいて大丈夫です。 飲酒・タバコは控えめにしていただくことをお勧めします。特にタバコは麻酔に悪い影響を与えますので、出来れば数日前から控えて頂くようにお願いします。

日帰り手術当日

手術当日はD.S.マイクリニックへお越しください手術は東京ヘルニアセンター・執行クリニックの入院治療センターである神楽坂D.S.マイクリニックで行われます。来院は付き添いの方と共にお願いします。自家用車を利用する場合は付き添いの方に運転してもらってください。神楽坂D.S.マイクリニックには駐車場がないので、近隣のコインパーキングをご案内しております。

神楽坂D.S.マイクリニックへのアクセス

まず神楽坂D.S.マイクリニックの受付にお越しいただき、書類をお渡しください。スタッフがご案内いたします。クリニック内の設備・施設の説明を行います。お部屋にご案内させて頂いたのち、担当の看護師が手術前の検査や処置を行います。

お部屋で手術着に着替えて頂き、担当の看護師が手術室にご案内いたします。手術は眠ったままで行います。麻酔は手術室内で行いますので、手術室へは歩いて向かいます。

手術は平均30分程度で終わります。手術が終わるとお部屋に戻ります。 このとき意識はハッキリしており、歩いてお部屋に戻ることも出来ますが、当クリニックでは、安全に配慮して寝台での移動となります。

手術直後

日帰り手術は術後2~3時間程度で退院可能です手術の後は、安全に回復をサポートいたします。
術後初めてのお飲み物には担当の看護師がついて安全を確認します。その後は、お茶・コーヒーなど自由にお飲み頂けます。軽いお菓子もお出しします。朝から術後までの間は絶食状態になるので、少しお腹に残るお菓子を選んでおります。これは当クリニックオリジナルのアイデアです。

トイレが出来るようになれば退院が可能です。一般的には、2~3時間程度で退院可能となります。ただし、痛みが強い場合など、不安がある場合は医師の判断によっては1泊入院する場合もあります。もし不安がある場合は、医師、担当看護師に何でも相談下さい。

術後の回診

医師と看護師による手術後の回診執刀した医師が術後の確認にお部屋におうかがいし、手術の結果などをお伝えします。手術にて分かったことなど、細やかなお話しもさせていただく場合があります。
このとき、痛い所や気になっていることがあれば遠慮なく医師に伝えてください。担当看護師はすぐに駆けつけられるところにいますので、何かありましたらお呼びください。

服薬指導

看護師による服薬指導退院の前に、担当の看護師がお薬の説明を行います。痛み止め、化膿止めなどいくつかのお薬が出ます。自宅での療養期間の方が長くなる日帰り手術にとって、服薬はとても重要です。お薬の説明で分からないことや気になることは何でもお問い合わせください。

会計

日帰り手術の会計お会計はお部屋で行えます。事務スタッフがお部屋にうかがいますので、その場でお支払い頂けます。詳細な領収書も発行できますので、必要な方はご指示下さい。

退院

退院のお見送り退院の際にはスタッフがお見送りいたします。お帰りには、お付き添いの方と一緒にお願いしております。患者さまがご自身でお車を運転されることは出来ませんが、お付き添いの方が運転されるお車を入り口付近に着けて頂けます。

遠方から新幹線や飛行機でお越しの場合は、付き添いの方に迎えに来ていただくのが困難かと思いますので、クリニックにて1泊していただくことをおすすめしています。

日帰り手術の1泊入院当日退院でない場合は、1泊入院となりますのでお食事のご用意もございます。 当クリニックでは、5割以上の患者さまが1泊入院を希望されております。 日帰り手術という医療サービスは必ずしも当日に帰ることを目指すのではなく、患者さまの安心と安全を追求し、患者さまが求められるニーズに短期間でお応えすることが何よりも大切だと考えております。

電話訪問

手術後の電話訪問当日退院の方に限って、翌日には担当看護師から電話訪問で経過を確認させて頂きます。気になることがあれば何でもご相談ください。
次回の来院まで痛みが気になるなど、急な事がありましたら来院いただければすぐに対応させていただきます。

くれぐれも、心配や我慢はしないで連絡して下さい。

手術後の過ごし方

シャワーなら1泊入院手術の退院後可能です。ただし、手術の状況により、傷の保護ガーゼ・圧迫テープが貼られている場合にはシャワーを含め入浴はお控えいただいております。傷部保護フィルムが貼られた状態では入浴可能です。(長時間湯船に浸かるとフィルムがはがれる事もありますので、ご留意ください。)
お仕事について、デスクワークなど体に負担の少ないことは翌日から可能です。しかし、力仕事などは医師の判断に従って頂きます。 再診は、退院前に予約を取っていただき来院いただきます。

分からないこと、相談したいこと。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

初診・手術予約状況

手術予定表

初診・手術予約状況

日帰り手術実績

スタッフ紹介

脱腸コラム

学会実績

交通アクセス

東京ヘルニアセンター 執行クリニック

〒162-0803
新宿区赤城下町62番地アネックス62-1F
TEL. 03-3235-9939
FAX. 03-3235-9941

交通アクセス

 

 

 

 

 

 

 

上に戻る