ホーム > 日帰り手術とは > 自費での治療

日帰り手術の自費診療

時間がない方や、鼠径ヘルニア(脱腸)治療をすぐに始めたいという患者さまのオーダーにお応えできるように自費診療もお選び頂けます。

日帰り手術の自費診療・治療鼠径ヘルニア治療を専門としている東京ヘルニアセンター・執行クリニックでは、時間がない方や治療をすぐに始めたいという患者さまのオーダーにお応えできるように自費での診療もお選び頂けるようになっています。柔軟でありながらも患者様のニーズにお応えできるよう体制をとっております。
通常は、手術予定にあわせて日程を決めてまいりますが、どうしてもすぐに手術を受けたい場合や患者さまのご都合が合わないなどの条件に応じて、特別な体制を準備しております。

  • 来月から海外出張が予定されている。今月中に手術を受けたい。
  • 何ヶ月も待っているのが不安。すぐに手術の予定を組んでほしい。
  • 今は海外に住んでいるので、日本に戻ったときに手術を受けたい。
  • 普段の仕事が忙しく、手術の日程をこちらの都合に合わせてほしい。

より患者さまのニーズに応じた治療を受けていただくことが可能になっております。どんな要望でもご相談下さい。

自費診療の場合、治療に必要な費用は全額負担となりますが、保険診療の制限を越えたきめ細かいサポートと患者様が望まれるオーダーメイドの治療プロセスをご利用いただけます。
詳しくは、初診の際にご相談下さい。

鼠径ヘルニアの自費診療の具体例

#01 56歳男性 自営業「長く意識していたヘルニアの治療を受けました」

仕事が忙しく1週間も仕事を休むことができないので、鼠径ヘルニアだと分かっていましたがそのままにしていました。
若い頃から鼠径ヘルニアだったのですが特に傷みもなかったのですが、半年前くらいから時どき痛みを感じるようになってきました。 痛みが気になりだしてからインターネットで色々と調べ病院を探していたときに執行先生を見つけすぐに相談にのっていただきました。
一日も早く手術して欲しいという希望も聞いていただけ大変満足です。私のために特別な時間を割いて治療していただけました。

#02 45才男性 会社役員「海外への赴任で限られた帰国の時間でヘルニアの手術を受けられた」

海外の事業に配属され2年が経ちました。気になっていた下腹部の膨らみがソケイヘルニアだとサイトを見て確信しました。 サイトでこちらのクリニックを知り、電話連絡で初診の予約を取ってもらいました。 日本がちょうどお盆休みの時期に帰国し、初診を受けてソケイヘルニアと診断してもらい、すぐに手術の手配で翌日手術を受けることが出来ました。 その4日後には海外に出発できました。 安心して仕事が続けられることに感謝しております。

分からないこと、相談したいこと。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

初診・手術予約状況

手術予定表

初診・手術予約状況

日帰り手術実績

スタッフ紹介

脱腸コラム

学会実績

交通アクセス

東京ヘルニアセンター 執行クリニック

〒162-0803
新宿区赤城下町62番地アネックス62-1F
TEL. 03-3235-9939
FAX. 03-3235-9941

交通アクセス

メディア掲載実績

上に戻る