ホーム > 日帰り手術とは > 学会発表の実績

学会発表の実績

日本短期滞在外科手術研究会

2017年6月 第13回 学術総会開催。大阪(大阪ガス:ハグミュージアム)
第7回DSコーディネーター講習会開催
2016年6月 第12回 学術総会開催。三重(四日市都ホテル)
第6回DSコーディネーター講習会開催
2015年6月 第11回 学術総会開催。沖縄(沖縄市町村自治会館)
第5回DSコーディネーター講習会開催
2014年6月 第10回 学術総会開催。東京(東京ドームホテル)
2014年2月 第4回 DSコーディネーター講習会開催
2013年6月 第9回 学術総会開催。門司(門司港ホテル)
2012年11月 第3回 DSコーディネーター講習会開催
2012年6月 第8回 学術総会開催。和歌山(ロイヤルパインズホテル)
2011年11月 第2回 DSコーディネーター講習会開催(東京:神楽坂)
2011年6月 第7回 学術総会開催。名古屋(ウインクあいち)
2010年12月 第2期 DSコーディネーター 11名 認定
2010年5月 第6回 学術総会開催。広島(広島国際会議場)
第1回 DSコーディネーター講習会開催(広島)
第1期 DSコーディネーター 5名 認定
2009年5月 第5回 学術総会開催。鎌倉(鎌倉芸術館)
2008年5月 第4回 学術総会開催。大阪(ホテル大阪ベイタワー)
2007年10月 第7回 世話人会にて 常任幹事会発足
2007年5月 第3回 学術総会開催。 福岡(アクロス福岡)
2006年5月 第2回 学術総会開催。 札幌(札幌コンベンションセンター)
2005年3月 第1回 学術総会開催。 東京(神楽坂:日本出版クラブ)
2006年10月 第1回 世話人会開催。 東京(神楽坂D.S.マイクリニック)
2006年7月 発起人会開催。東京(浜松町)日本短期滞在外科手術研究会(JSSSA)と呼称

執行友成の学会発表実績

2017年 第15回日本ヘルニア学会学術集会(Hernia Week 2017) 
シンポジウム
「手術は上手い!だからスタッフ教育と広報、そして継続する事が第1」 執行 友成
「鼠径部切開法の確実な習得をするために!経験に勝るもの無し!」 執行 友成
「JHS地方会における鼠径部ヘルニア治療の教育への試み」 川崎 篤史
「3mm scopic TAPP とTANKO+1 TAPPの比較検討」 松田 年
ビデオワークショップ
「tension-free法術後の再発ヘルニアに対するHybrid手術」 川崎 篤史
2016年 第14回日本ヘルニア学会学術集会 (Hernia Week 2016)
パネルディスカッション
「女性鼠径部ヘルニアに対する内鼠径輪縫縮術の有用性」 川崎 篤史
シンポジウム
「8000例以上の経験から考える教育と成績」 執行 友成
「3mmスコープ使用したRPS腹腔鏡下ヘルニア修復術と単孔式ヘルニア修復術の比較検討」  松田 年
一般口演
「鼠径ヘルニアに合併した精索脂肪肉腫の2例」  岡村 淳
「手術データの支援(術中映像と病形分類)」  野口 慶三
「鼠径ヘルニア鏡視下術後における術後疼痛の検討」 大森 由美子
2015年 第13回日本ヘルニア学会学術集会
『伝承』受け継がれる手術
「鼠径部切開法 メッシュプラグ法」 執行 友成
シンポジウム 
「再発・・・特にDevice 再発ヘルニアの治療戦略」 執行 友成
パネルディスカッション
「当院における女性ヘルニア症例の現状と治療戦略」 川崎 篤史
2014年 第12回日本ヘルニア学会学術集会 (会長:執行 友成/東京ドームホテル) 
会長講演
「“鼠径ヘルニアと日帰り手術” 伝えられる事は・・・」 執行 友成
コーヒーブレイクセミナー
「Mesh-plug法に限界はあるのか?(II型ヘルニアに対するMesh-plug法)」 長谷川 和住
パネルディスカッション
「困難症例(再発・神経因性疼痛)に有用なi-Hybrid法」 長谷川 和住
ポスターセッション
「II型ヘルニアにおけるヘルニア分類の検討」 長谷川 和住
「コ・メディカルが関わる日帰り手術マネジメントにおける術前検査の役割」 野口 慶三
2013年 第11回日本ヘルニア学会学術集会
シンポジウム
「hybrid 法はメッシュ再発を楽々!確実にiHybrid!」 執行 友成
「術前と術中診断の差は?」 執行 友成
パネルディスカッション
「格好悪い!初心者の?一番多い手術を専門に16 年の経験から..無理せず確実に」 執行 友成 Meet the Expert 「そけいヘルニア手術─ 匠の技─」
「鼠径へルニア手術・・そんなに剥がさずに・・・」 執行 友成
一般口演
「ヘルニア分類集計を楽々!確実に」 野口 慶三
2012年 第10回日本ヘルニア学会学術集会  
シンポジウム
「日本ヘルニア学会・鼠径ヘルニア分類法の妥当性と問題点」 執行 友成
「前方切開法4600例の経験とHybrid手術の提唱」 執行 友成
パネルディスカッション
「日帰り手術外来の工夫と帰宅法への直言」 執行 友成
ワークショップ
「Plug固定のPoint」 執行 友成
一般演題
「術後疼痛を考える」 大森 由美子
2011年 第9回 日本ヘルニア学会学術集会
ランチョンセミナー 
「チタンコーティングされた新素材メッシュTiLENEの可能性 臨床における評価」 執行 友成 
シンポジウム
「JHS病型分類集計の意義と今後の課題」 執行 友成 
パネルディスカッション 
「Extra Light weightでチタニウムコーティングされた組織親和性の高いTilen meshとPlug」
執行友成 
ハイブリッドポスター
「CT検査の有用性と今後(術式・デバイス選択の医療情報として)」 野口 慶三 
2010年 第8回 日本ヘルニア学会
ランチョンセミナー講演 
「新しい腹壁瘢痕ヘルニア治療の潮流」 執行 友成
シンポジウム
「チタンコーティングされた新しい素材」
「ヘルニア治療ガイドラインの図案化」
「日帰り手術の成功は意識改革と麻酔法の改善」
2009年 第7回 日本ヘルニア学会
ランチョンセミナー講演

「鼠径へルニア Light weight device」 執行 友成
シンポジウム
「学会分類による当院術式標準化の為のガイドライン作り」
一般演題
「チーム医療の一翼であるNs・コメディカルの役割と必要性」
2008年 第6回 日本ヘルニア研究会 
シンポジウム
「Mesh&plugの根治性向上のポイントと今後」 執行 友成
「研究会病型分類による術式標準化の目的」 執行 友成
2007年 第5回 日本ヘルニア研究会
一般演題
「ニーズの違うクリニカルパス 有床・無床診療所と病院の違い」 執行 友成
シンポジウム
「腹壁瘢痕ヘルニアの治療術式の検討」 執行 友成 
「日本ヘルニア研究会分類による術式選択可能性の検討」 執行 友成 
2006年 第4回 日本ヘルニア研究会 
シンポジウム
「超音波検査によるMesh修復術後再発の術式選択」 執行 友成
2005年 第3回 日本ヘルニア研究会
「 鼠径へルニアの超音波による確定診断」 執行 友成
2003年 第1回 日本ヘルニア研究会 
「局所麻酔と硬膜外麻酔併用全身麻酔の選択」 執行 友成

執行友成の学会発表実績

2016年 第78回 日本臨床外科学会総会 
要望演題 
「20年間の日帰り手術実績9,000例らの私見」 執行 友成
パネルディスカッション
「当院における女性鼠径ヘルニアの治療戦略―内鼠径輪縫縮術の有用性― 」 川崎篤史
2015年 第77回 日本臨床外科学会総会
ワークショップ(日帰り手術の現状と問題点)
「当院における日帰り手術の現状 ~術後トラブルを最小限に~」 川崎 篤史
2011年 第73回 日本臨床外科学会総会 
ランチョンセミナー講演 
「TiMESH & TiPLUGの臨床経験」 執行 友成
2010年 第72回 日本臨床外科学会総会
ランチョンセミナー講演 
「Light perfix plugは鼠径へルニア治療のGold standardになり得るか」 執行 友成
シンポジウム 
「鼠径へルニア治療におけるLight weight meshの有用性」 執行 友成
2009年 第71回 日本臨床外科学会総会 
ランチョンセミナー講演
「腹壁瘢痕ヘルニア治療の新しい潮流」 執行 友成
2008年 第70回 日本臨床外科学会総会 
シンポジウム 
「テンションフリー法における合併症予防の当たり前の工夫」 執行 友成
2007年 第69回 日本臨床外科学会総会 
ランチョンセミナー講演
「鼠径へルニア日帰り手術の適応とポイント」 執行 友成
シンポジウム 
「鼠径へルニア超音波診断のポイント」 執行 友成
2006年 第68回 日本臨床外科学会総会 
シンポジウム 
「ヘルニア研究会分類による前方到達法の適応」 執行 友成
2005年 第67回 日本臨床外科学会総会 
ランチョンセミナー講演
「7年間 1,700例のアンケート調査から学ぶ日帰り手術のポイント」 執行 友成
2004年 第66回 日本臨床外科学会総会 
ランチョンセミナー講演
「患者様が求める日帰り・短期滞在外科手術の工夫と運営」 執行 友成
シンポジウム 
「演題名 再発防止の為のPlug固定のポイント」 執行 友成
2003年 第65回 日本臨床外科学会総会 
シンポジウム
「鼠径へルニア one day surgeryの術式と麻酔法」 執行 友成
2002年 第64回 日本臨床外科学会総会 
シンポジウム
「局所麻酔による鼠径へルニア術式」 執行 友成
2001年 第63回 日本臨床外科学会総会 
シンポジウム
「鼠径へルニア日帰り手術の工夫」 執行 友成
2000年 第62回 日本臨床外科学会総会 
シンポジウム
「 局所麻酔のみによる鼠径へルニア日帰り手術」 執行 友成
1999年 第61回 日本臨床外科学会総会 
シンポジウム
「無床開業医の日帰り手術」 執行 友成

執行友成の学会発表実績

2009年 第73回 日本消化器外科学会 
ランチョンセミナー 座長  執行 友成
2007年 日本消化器外科学会総会 
ランチョンセミナー講演 
「鼠径へルニアLight weight weight mesh 修復術」  執行 友成

執行友成の学会発表実績

2008年 第73回 日本消化器外科学会 ランチョンセミナー 座長
2007年 第72回 日本消化器外科学会総会 ランチョンセミナー講演
鼠径へルニアLight weight weight mesh 修復術
2002年 第64回 日本臨床外科学会総会 日帰り手術シンポジウム
2001年 新宿区医学会
第63回 日本臨床外科学会 日帰り手術シンポジウム
2000年 新宿区医学会
1999年 第61回 日本臨床外科学会総会 新宿区医学懇話会

執行友成の著書

鼠径ヘルニアの手術

著書:「鼠径ヘルニアの手術」 日帰り手術
出版社:へるす出版 共著
書籍 日経ビジネス、ホスピタウンetc

鼠径ヘルニアの手術

書籍:日経ビジネス、ホスピタウンetc

執行友成の新聞掲載・寄稿

鼠径ヘルニアの手術

2010/9/19 サンデー毎日
鼠径ヘルニアは日帰り手術で完全に治す! が掲載されました

朝日新聞社 いい病院2008

2008/1/13 朝日新聞社 いい病院2008
メッシュ法による鼠径ヘルニア治療
朝日新聞サイト

分からないこと、相談したいこと。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

初診・手術予約状況

手術予定表

初診・手術予約状況

日帰り手術実績

日本短期滞在外科手術研究会

スタッフ紹介

脱腸コラム

学会実績

交通アクセス

東京ヘルニアセンター 執行クリニック

〒162-0803
新宿区赤城下町62番地アネックス62-1F
TEL. 03-3235-9939
FAX. 03-3235-9941

交通アクセス

メディア掲載実績

上に戻る