執行クリニック執行クリニック

予約電話番号

お電話 03-3235-9939

平日 午前9時~午後5時 土曜日 午前9時~午後12時

※日曜祝祭日は予約出来ません

そけいヘルニア 日帰り手術
そけいヘルニア 日帰り手術

お問合せ

分からないこと、相談したいこと、
お気軽にお問合せください。

  • 電話でのお問合せ
  • 03-3235-9939
  • 平日 午前9時~午後5時 土曜日 午前9時~午後12時
    ※日曜祝祭日は予約出来ません
  • FAXでのお問合せ
  • 03-3235-9941
  • 24時間受け付けています。

そけいヘルニアの原因

そけいヘルニア(脱腸)の原因は生まれながらに脱腸である先天性のものと、仕事や生活習慣、加齢や病気、妊娠による後天性のものがあります。

そけいヘルニアの原因ですが、お腹の中にある臓器を包んでいる腹膜と内臓がソケイ部の筋肉の弱いところから飛び出すのがそけいヘルニアのメカニズムです。飛び出す原因は大きく分類すると5つあります。

そけいヘルニアの原因

1. 生まれながらにそけいヘルニアである

そけいヘルニアは、小児期(子ども)に先天的に発症するケースが多く見られます。 これは母体にいる段階で、すでにそけいヘルニアを抱えています。

生まれながらにそけいヘルニアである

2. 加齢と共にそけいヘルニアになる

年齢ともに筋肉が衰え、内臓を支えきれない事が原因となり発症します。 自然に起こる原因として最も多いと考えられます。

加齢と共にそけいヘルニアになる

3. 運動・仕事など生活習慣でそけいヘルニアになる

お腹の筋肉が弱ってくると立ち仕事でも負担がかかり発症のリスクが高まります。後天的に起こる原因のひとつです。

運動・仕事など生活習慣でそけいヘルニアになる

4. 他の病気が関係してそけいヘルニアになる

咳をよくする人、喘息の人、便秘、排尿障害のある人なども他の原因と併せてそけいヘルニアとなります。上記の方は、そけい部に違和感を感じたら注意してください。

4. 他の病気が関係してそけいヘルニアになる

5. 妊娠などが原因でそけいヘルニアになる

女性の場合最も大きな要因と考えられます。妊娠は腹圧が高まりますので注意が必要です。また、大腿ヘルニアになる事が多いと言われているので、違和感を感じたら注意してください。

妊娠などが原因でそけいヘルニアになる

お問合せ

分からないこと、相談したいこと、
お気軽にお問合せください。

  • 電話でのお問合せ
  • 03-3235-9939
  • 平日 午前9時~午後5時 土曜日 午前9時~午後12時
    ※日曜祝祭日は予約出来ません
  • FAXでのお問合せ
  • 03-3235-9941
  • 24時間受け付けています。

執行クリニックの治療方針

執行クリニック 東京ヘルニアセンターでは、患者さんのライフスタイルに合う治療を積極的に取り入れております。
日帰り手術も、当日退院から一泊入院の体制つくりも様々な患者さんの要望にお答えできるものになっております。
また、専門的に対応できる専任の看護師を配置し、患者さんが安心して治療を受けられるようにしております。

日帰り手術について

日帰り手術は高度な医療サービスです。

日帰り手術は高度な医療サービスです。クリニックでの滞在時間は大変短いものです。
だからこそ、事前に患者様の「日帰り手術を受ける」というご理解と協力が不可欠です。



執行クリニックの日帰り手術

東京ヘルニアセンター・執行クリニックの日帰り手術は、患者さまのニーズ(希望)に合わせたきめ細かい医療を前提に、豊かな経験とアットホームな治療を提供することにあります。患者さまの不安、心配を解決できるよう様々な配慮を行っております。

日帰り手術は、短期間の入院で外科手術をするという、難易度の高い手術です。私たちの緊張感が患者さまに伝わらないよう、いつも笑顔とリラックスできる雰囲気作りを心がけています。また、治療では患者さまへの説明を十分に行い誤解や心配のないよう努めています。

そけいへルニアの治療は全てが帰り手術可能では有りません。居住地・病態等を総合的に皆様の要望に御応えできる事を第1に考え、有床診療所として、 全ての術式が可能としております。日帰り、この際ゆっくり入院治療のご希望に添える様に成っております。ご説明の時間をより多く費やし、ご理解頂ける様に心がけております。

私たちは、患者さまの理解を高めより安全で安心の日帰り手術を提供しております。 日帰り手術を選択肢のひとつとされている全ての患者様に安心していただけるよう努めております。 たくさんの情報を発信しております。少しでも不安な事はお気軽にお問い合わせ下さい。

日帰り手術とは

日帰り手術の流れ

患者様と共につくりあげていく 
「手術を受けてよかった」
という思い

日帰り手術は高度な医療サービスです。クリニックでの滞在時間は大変短いものです。
だからこそ、事前に患者さまの 「日帰り手術を受ける」というご理解と協力が不可欠です。

執行クリニックでのそけいヘルニア日帰り手術の流れについてご説明させていただきます。手術に至るまでのプロセスは、通常の手術治療ほど複雑ではありません。事前の検査入院や、何度もクリニックに足を運んでいただく必要もありません。しかし、クリニックへの滞在期間や訪問回数が少ないからこそ、患者さまの事前のご理解、知識、協力が不可欠です。自宅に帰られてからも、最低限の期間は適切な生活を送っていただく必要があります。

あとで、『手術を受けてよかった』と思えるような日帰り手術となるよう、スタッフ一同、精一杯治療のお手伝いをさせていただきます。

日帰り手術の流れ

日帰り手術の流れ

1初診のご予約

初診のご予約はお電話(03-3235-9939)で承ります(Eメールでのご予約はできません)。来院の日時についてお約束いただき、初診当日は東京ヘルニアセンター・執行クリニックまでお越し下さい。

2初診 
- 問診・触診・検査を行います -

初診では、そけいヘルニアなのかどうか、日帰り手術を行うことが出来る状態かどうかを診ます。具体的には問診・触診・検査を行います。検査は超音波検査、X線、CTを使います。当クリニックでは、手術治療を行う患者さま全員にCT検査を実施しております。検査はX線CT認定技師シニア診療放射線技師などの資格を持つ専任の技師が担当し、診断・治療に有益な医療画像情報の提供を行います。

sokei07

検査の結果、そけいヘルニアと診断された場合は手術治療になり、そけいヘルニアの手術治療について説明させていただきます。ご理解頂ければ、日帰り手術についての説明を行います。初診は、院長執行と複数の外科医が交代で2診体制で行っています。今まで初診予約にお待たせしていた事を改善する取り組みを行っております。2診体制になり、初診を早く受けて頂けるようになりました。診察・検査の結果、そけいヘルニアで手術治療になる場合は全て院長執行友成の管理のもとチーム医療での治療が進みます。

日帰り手術の流れ

3オリエンテーション 
- DSコーディネーターによる日帰り手術の説明 -

日帰り手術は特別なプロセスで行います。手術当日を含め、それまでの過ごし方などを説明させていただくことをオリエンテーションといいます。日帰り手術は高度な医療サービスです。クリニックでの滞在時間が極めて短いので、患者さま自身が日帰り手術を受けるという意識と理解がたいへん重要です。手術当日までの過ごし方、前日の過ごし方など、手術までの生活や、急に痛くなった時の対応などをしっかり説明させていただきます。担当は術前検査・基礎疾患・麻酔・手術術式・術後経過のすべてに精通しているDSコーディネーターが行います。患者さま・ご家族さまとのコミュニケーションを通して、安心感・信頼感・満足感が得られるよう努めております。日帰り手術は、患者さまの負担を軽減し、病院で過ごす時間を短くするために患者さまとともに進める必要がありますので、ご理解とご協力をお願いしております。手術後に「受けてよかった」と思っていただける結果をいっしょにつくりましょう。

日帰り手術の流れ

日帰り手術の流れ

オリエンテーションの際に、手術の日にちにを決めさせて頂きますので、あらかじめ患者さまの予定をご確認の上お越しください。また、手術当日にお持ちいただく書類をこの時にお渡ししますので、手術当日に必要事項をご記入の上、持参ください。

4手術までの期間 
- 手術の前日までお食事OKです -

手術の1週間前に、担当の看護師からお電話を差し上げます。手術日の確認から、オリエンテーション以降の病状の変化などをお尋ねします。

手術前日まで食事は普通にとっていただいて大丈夫です。 飲酒・タバコは控えめにしていただくことをお勧めします。特にタバコは麻酔に悪い影響を与えますので、出来れば数日前から控えて頂くようにお願いします。

手術までの期間

5手術当日 
- 手術は30分程度、軽い全身麻酔で行います -

手術は東京ヘルニアセンター・執行クリニックの入院治療センターである神楽坂D.S.マイクリニックで行われます。来院は付き添いの方と共にお願いします。自家用車を利用する場合は付き添いの方に運転してもらってください。神楽坂D.S.マイクリニックには駐車場がないので、近隣のコインパーキングをご案内しております。

手術までの期間

まず神楽坂D.S.マイクリニックの受付にお越しいただき、書類をお渡しください。スタッフがご案内いたします。クリニック内の設備・施設の説明を行います。お部屋にご案内させて頂いたのち、担当の看護師が手術前の検査や処置を行います。

手術までの期間

お部屋で手術着に着替えて頂き、担当の看護師が手術室にご案内いたします。手術は眠ったままで行います。麻酔は手術室内で行いますので、手術室へは歩いて向かいます。

手術までの期間

手術は平均30分程度で終わります。手術が終わるとお部屋に戻ります。 このとき意識はハッキリしており、歩いてお部屋に戻ることも出来ますが、当クリニックでは、安全に配慮して寝台での移動となります。

6手術直後 
- 手術から2~3時間で退院です -

手術の後は、安全に回復をサポートいたします。
術後初めてのお飲み物には担当の看護師がついて安全を確認します。その後は、お茶・コーヒーなど自由にお飲み頂けます。軽いお菓子もお出しします。朝から術後までの間は絶食状態になるので、少しお腹に残るお菓子を選んでおります。これは当クリニックオリジナルのアイデアです。
トイレが出来るようになれば退院が可能です。一般的には、 2~3時間程度で退院可能となります。ただし、痛みが強い場合など、不安がある場合は医師の判断によっては1泊入院する場合もあります。もし不安がある場合は、医師、担当看護師に何でも相談下さい。

手術までの期間

7術後の回復 
- 執刀医師と看護師が回診に向かいます -

執刀した医師が術後の確認にお部屋におうかがいし、手術の結果などをお伝えします。手術にて分かったことなど、細やかなお話しもさせていただく場合があります。
このとき、痛い所や気になっていることがあれば遠慮なく医師に伝えてください。担当看護師はすぐに駆けつけられるところにいますので、何かありましたらお呼びください。

手術までの期間

8服薬指導 
- 担当看護師がお部屋にお薬の説明にうかがいます -

退院の前に、担当の看護師がお薬の説明を行います。痛み止め、化膿止めなどいくつかのお薬が出ます。自宅での療養期間の方が長くなる日帰り手術にとって、服薬はとても重要です。お薬の説明で分からないことや気になることは何でもお問い合わせください。

手術までの期間

9お会計 
- お部屋で会計が可能です -

お会計はお部屋で行えます。事務スタッフがお部屋にうかがいますので、その場でお支払い頂けます。詳細な領収書も発行できますので、必要な方はご指示下さい。

手術までの期間

10退院 
- 当日に退院が可能です -

退院の際にはスタッフがお見送りいたします。お帰りには、お付き添いの方と一緒にお願いしております。患者さまがご自身でお車を運転されることは出来ませんが、お付き添いの方が運転されるお車を入り口付近に着けて頂けます。遠方から新幹線や飛行機でお越しの場合は、付き添いの方に迎えに来ていただくのが困難かと思いますので、クリニックにて1泊していただくことをおすすめしています。

手術までの期間

日帰り手術の流れ

当日退院でない場合は、1泊入院となりますのでお食事のご用意もございます。 当クリニックでは、5割以上の患者さまが1泊入院を希望されております。 日帰り手術という医療サービスは必ずしも当日に帰ることを目指すのではなく、患者さまの安心と安全を追求し、患者さまが求められるニーズに短期間でお応えすることが何よりも大切だと考えております。

11電話訪問 
- 後日、担当の看護師から電話で経過の確認を行います -

当日退院の方に限って、翌日には担当看護師から電話訪問で経過を確認させて頂きます。気になることがあれば何でもご相談ください。
次回の来院まで痛みが気になるなど、急な事がありましたら来院いただければすぐに対応させていただきます。くれぐれも、心配や我慢はしないで連絡して下さい。

手術までの期間

12術後 
- お風呂はシャワーなら当日から、お仕事は2,3日後から可能です -

シャワーなら1泊入院手術の退院後可能です。ただし、手術の状況により、傷の保護ガーゼ・圧迫テープが貼られている場合にはシャワーを含め入浴はお控えいただいております。傷部保護フィルムが貼られた状態では入浴可能です。(長時間湯船に浸かるとフィルムがはがれる事もありますので、ご留意ください。)
お仕事について、デスクワークなど体に負担の少ないことは翌日から可能です。しかし、力仕事などは医師の判断に従って頂きます。 再診は、退院前に予約を取っていただき来院いただきます。

お問合せ

分からないこと、相談したいこと、お気軽にお問合せください。

  • 電話でのお問合せ
  • 03-3235-9939
  • 平日 午前9時~午後5時 土曜日 午前9時~午後12時
    ※日曜祝祭日は予約出来ません
  • FAXでのお問合せ
  • 03-3235-9941
  • 24時間受け付けています。




日帰り手術が可能な理由は大きく分けて2つあります。ハードウェア(施設・設備)要素と、ソフトウェア(手順や知識・教育)要素の2つです。
執行クリニックでは、右に記載した要素がそろっている環境、安全で快適な日帰り手術を提供できる条件と考えています。さらに当クリニックでは、そけいヘルニアに特化した日帰り手術を提供する事でその精度を高めております。

日帰り手術の流れ

ハードウェア(施設・設備)要素

  • 医療機関の施設が日帰り(短期滞在)に適していること
  • 麻酔など日帰り手術を可能した技術が活用できること
  • 治療に必要な機器(機材)、材料が整っていること

ソフトウェア(手順や知識・教育)要素

  • 日帰り手術について、安定した手順が確立している
  • スタッフの知識・教育のレベルが高く維持されていること
  • 日帰り手術の実績と経験が豊富であること
  • コミュニケーション能力が高いこと

ハードウェア(施設・設備)要素について

1. 医療機関の施設が日帰り(短期滞在)に適していること

日帰り手術を行う医療機関に求められる環境とは、機器とは別に、患者さまがゆったりとリラックスできる環境が必要です。 日帰り手術では短い時間の間に多くのプロセスがあります。それが例えば大部屋(4人部屋)で行われた場合はどうでしょうか。常に誰かがバタバタと出入りしている事になります。 リラックスどころか、他の患者さんに気を遣ってしまうことになりかねません。

執行クリニックでは、出来る限り個室を活用しているので、ゆっくりと過ごして頂けます。特に術後の時間を大切にできるように配慮することが質の高い日帰り手術と考えております。 また、一泊入院でもゆっくり過ごせる配置を考慮して運営しています。

医療機関の施設が日帰り(短期滞在)に適していること

2. 大事な事は麻酔法

日帰り手術を可能にしたのは、外科技術の進歩、患者様のニーズ、そして何よりも日帰り手術のための麻酔法の開発と言えます。 完成された①静脈麻酔と局所麻酔を併用、②病態により皆様が御考えに成るより軽い、薬剤 を極力減量した全身麻酔。それぞれの方々へ術前検査により十分にご説明後、最適の麻酔法を決定致します。勿論日帰り・短期滞在型手術での早期 社会復帰可能な選択です。

全く問題なく、9,000名を超える方々が当院の麻酔法にて日帰り、或は1泊入院でお帰りに成っております。

鎮静+鎮痛を基本に考え、より手術を御受けになる患者様に精神的にも身体的にもより負担の少ない麻酔法を選択しております。ご相談下さい。

大事な事は麻酔法

3.治療に必要な機器(機材)、材料が整っていること

日帰り手術にはいろいろな道具や材料が必要です。執行クリニックは、脱腸(そけいヘルニア)に特化した専門クリニックです。特に成人男性の脱腸の治療に多く用いられるパッチやプラグなどのメッシュ素材には早くからこだわり、研究と追求を繰り返してきました。

執行クリニックでは、2006年からドイツへ赴き治療に使うメッシュ素材に求められる要求を勉強させて頂き、厚生労働省への認可申請に進んで取り組みました。そのメッシュ素材をいち早く導入し、多くの患者さまに安心できる素材を提供することが可能となりました。自ら必要な素材を求め、患者さまに届けるという熱い想いが実現しました。

他にも、確実な術前診断の為にエコー検査を導入し、更に客観性が高く術中にも画像情報としアシストできるCT検査も併用しております。その有用性を各種学会に発表し、日帰り手術には欠かせないものになっております。今では一般的なツールになったレーザーメスもいち早く導入しました。それまでの手術では刃物のメスで切開していましたが、やはり切るということは体への負担が多いものです。しかし、レーザーメスを導入することで出血を最小限に抑えて、術後の痛みを抑える働きも期待できます。設備は一般的でも、患者さまの負担を抑えるために必要なものを導入し続ける想いがよりよい日帰り手術を実現すると考えております。

治療に必要な機器(機材)、材料が整っていること

ソフトウェア(手順や知識・教育)要素について

1. 日帰り手術について、安定した手順が確立している

日帰り手術は短期間の入院となりますので、手順の漏れや先送りはあってはならないことです。そのため、日帰り手術の当日のスキーム(計画)は細かく管理されております。 当日の流れは文書化され、スタッフ全員が理解しているので品質のばらつきが起こりません。医療のプロセスは「クリニカルパス」などと呼ばれ、時系列でスケジュール表としてまとめられています。 常に見直し、周知されてよりよいものに高められております。

2. スタッフの知識・教育のレベルが高く維持されていること

日帰り手術は、小さなミスも許されません。またそれ以上に判断する時間も重要な要素です。判断する時間を短縮するためには、スタッフそれぞれに正しい知識と自信が求められます。そのために執行クリニックでは、医療の知識レベルの向上はもちろん、日帰り手術に関する知識と経験を高めるために努めております。日帰り手術の研究会にスタッフ全員が参加し、研究素材として他のクリニックの発表を 聞くことや、発表を行っています。これは他の医療機関からの視線も熱い研究会で、日頃取り組んでいる日帰り手術に必要な知識や経験をクリニック全員で参加し発表しております。日本短期滞在外科手術研究会を主宰し、日帰り手術をコーディネートするDSコーディネーターも多数在籍しております。検査部門では消化器内視鏡技師X線CT認定技師シニア診療放射線技師などの資格を持つ専任の技師が担当し、診断・治療に有益な医療画像情報の提供を行います。また、事務スタッフも短いながらも入院治療をお受けになる患者さまへの快適さを日々創意工夫し、全スタッフが日帰り手術のエキスパートとして研鑽しております。

スタッフの知識・教育のレベルが高く維持されていること

3. 日帰り手術の実績と経験が豊富であること

当クリニックはそけいヘルニアの日帰り手術の実績が9,000件以上と全国的にもトップクラスの症例数を誇っております。単に数を増やすという目標設定ではなく、経験を積むことから生れるスキルアップのために安定した手術件数を積み重ねております。つまり、ひとつひとつの手術をしっかりと行い、安定した結果が生み出した実績です。

4. コミュニケーション能力が高いこと

日帰り手術は短期間の治療です。患者さまと接する時間も一般の医療機関の入院と比べて短くなります。そんな中で、患者さまとスタッフのコミュニケーションが少ないと、患者さまは不安に感じられます。不安は不信感にもなりかねません。執行クリニックでは、患者さまとのコミュニケーションを大切に考え、不安を取り除くために最大限の心配りを実現しております。

日帰り手術の実績と経験が豊富であること

もっと、早くに手術を受けておけばよかったと思った次第です。〔50歳男性〕

私は、長くそけいヘルニアを放おっておいたのですが、最近気になりインターネットで専門の先生を探しました。いくつかホームページを見たのですが、日帰りでその日に帰ることには不安がありましたので、入院出来る方が良いと考えてこちらを選びました。先生も丁寧に説明してくださいますし、看護師さんもやさしく接してくれることで安心して手術をうけることができました。もっと、早くに手術を受けておけばよかったと思った次第です。

非常に満足のいく先生でした。ありがとうございました〔64歳男性〕

6年前に別の病院で日帰り手術を受けましたが、また同じ様な症状が出てきて再発と診断されました。何度も手術を受けることになるのは正直つらいものですので、しっかりとした専門医を探して執行先生にお世話になりました。再発の治療など、私の体に負担がかからないように考えて、腹腔鏡での治療を提案してくれました。本当に信頼できると感じました。最初に出会っていればと悔やまれましたが、非常に満足のいく先生でした。ありがとうございました。

お問合せ

分からないこと、相談したいこと、お気軽にお問合せください。

  • 電話でのお問合せ
  • 03-3235-9939
  • 平日 午前9時~午後5時 土曜日 午前9時~午後12時
    ※日曜祝祭日は予約出来ません
  • FAXでのお問合せ
  • 03-3235-9941
  • 24時間受け付けています。

そけいヘルニアの手術費用について

保険適用の診療を行っております。



患者様からのアンケートの結果

執行クリニックでは、手術を受けられた患者様にアンケートを実施しております。



医師の紹介

豊富な知識と経験、責任感を持って、患者様が安心して治療を受けれるよう支えます。



東京ヘルニアセンター・執行クリニック 院長
執行 友成(しぎょう ともしげ)

1998年より鼠径ヘルニアの日帰り手術を行ってきました。
患者様に学んだことから、社会のニーズにお応えできる医療を追求しております。 素晴らしいスタッフに支えられ今後も求められるサービスを提供して参ります。

  • 日本短期滞在外科手術研究会 (代表世話人)
  • 東京医科大学 地域医療指導教授
  • 日本ヘルニア学会 (理事 ヘルニアガイドライン委員 保険診療担当委員)
  • 第12回日本ヘルニア学会会長(2014年6月6日~7日:東京ドームホテル)
  • 東京ヘルニアアカデミー (代表世話人)

執行 友成(しぎょう ともしげ)

神楽坂D.S.マイクリニック 院長
川崎 篤史(かわさき あつし)

2014年春より神楽坂D.S.マイクリニックに入局。
医師に従事してから、消化器外科手術を中心に診療してまいりました。当院では、鼠径へルニア・胆石症を中心とした日帰り手術、地域に根付いた外来診療、患者さまとそのご家族を主役とした在宅診療にスタッフ全員で取り組んでまいります。

  • 日本外科学会(専門医、指導医)
  • 日本消化器外科学会(専門医、指導医)
  • 日本消化器病学会 (専門医)
  • 日本ヘルニア学会(評議員)
  • 日本外科系連合学会(評議員)
  • 日本内視鏡外科学会 (評議員)
  • 日本乳癌学会
  • 日本臨床外科学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本短期滞在外科手術研究会(世話人)
  • 東京ヘルニアアカデミー(世話人・事務局長)

川崎 篤史(かわさき あつし)

メディア掲載実績

東京ヘルニアセンター・執行クリニックは、様々なメディアで紹介されております



テレビ取材

  1. これが世界のスーパードクターで当院の日帰り手術が放映されました

  2. 平成11年6月テレ朝「スーパーJ」で当院の日帰り手術が放映されました

  3. 平成13年4月テレ朝「スーパーJ」金曜自由区(フリーク)に、再び日帰り手術が紹介されました

交通アクセス

執行クリニックは地下鉄東西線「神楽坂駅」が
最寄りの駅となります。

執行クリニックへのアクセス方法は、お車の場合は駐車スペースが少なく、前の道が一方通行となるので、地下鉄+タクシーまたは徒歩をオススメします。神楽坂D.S.マイクリニックも同様に駐車スペースが少なく、お車の場合は近くのコインパーキングをご利用いただくことになります。遠方からご来院の場合も同様、地下鉄でのアクセス方法がオススメです。

about01

執行クリニック

〒162-0803 
新宿区赤城下町62番地アネックス62-1F  
TEL.03-3235-9939

GoogleMap

日帰り手術の予約状況

鼠径ヘルニア・腹腔鏡の日帰り手術の予約状況は下記の表をご覧ください。 早急な鼠径ヘルニアの手術をご希望の方は、特別に自費にてお受けいたします。

////ここにカレンダーが入ります。

お問合せ

分からないこと、相談したいこと、お気軽にお問合せください。

  • 電話でのお問合せ
  • 03-3235-9939
  • 平日 午前9時~午後5時 土曜日 午前9時~午後12時
    ※日曜祝祭日は予約出来ません
  • FAXでのお問合せ
  • 03-3235-9941
  • 24時間受け付けています。

メールでのお問合せ









東京ヘルニアセンター・執行クリニックとは



執行クリニックでは、そけいヘルニアの受診から検査、診断を行っております。そけいヘルニアの初診は執行クリニックへお越しいただきます

執行クリニックは、そけいヘルニアの受診・検診・診断の役割を主に担っています。当クリニックでそけいヘルニアの治療を受ける場合は、まず執行クリニックで受診していただき、手術当日は同じ涼友会の入院治療センターである神楽坂D.S.マイクリニックに来院していただきます。担当するドクターは涼友会理事長であり、執行クリニック院長である執行友成が行いますのでご安心ください。

神楽坂D.S.マイクリニックは日帰り手術に特化した施設で、7床のベッドと個室を完備しており、落ち着いた環境で快適に治療に専念していただけます。

執行クリニック

クリニックの概要

名 称
東京ヘルニアセンター・執行クリニック
所在地
〒162-0803 新宿区赤城下町62番地 アネックス62-1F

開 設
1991年
院 長
執行 友成(しぎょう ともしげ)

  • 日本短期滞在外科手術研究会 代表世話人
  • 日本ヘルニア学会ヘルニアガイドライン委員 保険診療担当委員
受付時間
【月曜日~水曜日・金曜日】 
8:30~11:45 15:00~17:30
【土曜日】
8:30~12:00
診療時間
【午前の部】9:00~12:00
【午後の部】15:00~18:00
休診日
木曜日・日曜日・祝祭日
診療科目
外科:日帰り手術、一般外科、消化器内視鏡、短期滞在型手術
内科:一般内科、消化器
整形外科:一般
理学診療科:各種理学機器治療
人間ドック・企業検診・がん検診
放射線科 :一般検査、CT検査
在宅医療 :寝たきり、がん末期治療、管理、在宅医療、訪問看護