執行クリニックからのお知らせ

鼠径ヘルニア  8,855症例 (2017年6月末日)

鼠径ヘルニア手術は、2017年6月末で、総数 8,855症例 を担当させて頂きました。
日帰りから入院治療にも対応し、全ての術式が揃います。
患者さまのニーズにお応えできるよう、全スタッフ 研鑽の日々です。


 

外科 岡村 淳先生 入局

7月より、岡村 淳先生が入局され、常勤外科医4名体制となりました。

これまで以上に充実した体制で、ソケイヘルニアを中心とした、日帰り・短期滞在外科手術の

専門医療機関として、安全安心な医療を提供させて頂きます。

どうぞ、宜しくお願い申上げます。

8000症例を超えました!
2016年6月9日、鼠径へルニア手術症例は8000症例を担当させていただきました。
これからも、安全・安心の医療を提供させていただきます。
手術実績
第12回日本ヘルニア学会 学術集会を開催致しました。

・・・つづきはこちら

自費手術 早急に手術希望をいよいよお受けします
一刻も早く、確実に治療したい、自費診療で・・週末の土曜日 午後ににお受けします
保険診療のご予約はHPをご覧の通りです。

こっそりと、お仕事休まず、月曜日からは通常の生活
日帰り手術のパイオニアである 執行が全ての手術を行っています。

先ずは診察のご予約を、お電話にて東京ヘルニアセンター 執行クリニックへお問い合わせ下さい。
第12回日本ヘルニア学会 学術集会の会長に就任致しました。

 ・・・つづきはこちら

素材が一番大事 ! 「Tilene mesh」導入

鼠径ヘルニア治療は当院では13年間で既に4,000症例を超える治療を担当致しました。 2010年12月より欧米では当たり前になっているヘルニア手術におけるメッシュ素材に注目し、 執行が4年前よりドイツへ赴き勉強させて頂き、厚生労働省へ認可申請をしたメッシュをいち早く 導入致しました。体に優しく、違和感が残らす、根治性も抜群のチタニウムでコーティングされた ポリプロピレンの質量の少ない材質で出来たPlugとメッシュシートを使用しております。チタニウムの含有量は非常に微量であり、人体へは良いことはありますが、悪いことはあり得ない ことが証明されておりますので、ご安心下さい。