ホーム > 腹壁瘢痕ヘルニアとは

腹壁瘢痕ヘルニア

腹壁瘢痕ヘルニアは腹部の手術の合併症のひとつです。
自然に治ることはありません。腹部の手術を受けられて、傷跡が不自然に膨らんだり違和感を感じたらご相談ください。
当院では、最適な手術方法を複数の医師の診断により行っております。体に負担の少ない腹腔鏡手術も積極的に取組んでおります。

腹壁瘢痕ヘルニアとは?

腹壁瘢痕ヘルニアとは、開腹手術や外傷後の傷跡(瘢痕)が大きく膨らむ状態のことをいいます。
膨らみは、立った時、咳・くしゃみ、排便時などの腹圧がかかった時に大きくなることが多いです。
腹部の手術の合併症のひとつで、術後10年間で約1割の方に起こるといわれています。
開腹手術では、お腹を閉じる時に、皮膚、皮下組織、筋膜、腹膜を縫い合わせます。
しかし、手術後に傷の感染を起したり、術前の栄養状態があまり良くなかったり、もともと筋膜などが薄い人は、筋膜の癒合が悪くなり隙間(医学用語でヘルニア門と呼びます)が生じます。
その隙間から内臓脂肪や腸管が出入りする状態が腹壁瘢痕ヘルニアです。
腹壁瘢痕ヘルニアは自然に治ることはありません。

膨らみは立った時など腹圧がかかった時に大きくなることが多く、仰向けに横になると平に戻ります。また前述のヘルニア門の大きさや、出入りするものによっても症状は変わります。
無症状のこともありますが、一般にヘルニア門が小さい場合や、腸管が出入りする場合は痛みや食後腹部膨満感などの症状があります。

腹壁瘢痕ヘルニアの症状は?

立った状態と仰向けに横になった状態で診察します。超音波検査(エコー検査)とCT検査を行い、ヘルニア門の大きさや出入りする臓器を診断します。

腹壁瘢痕ヘルニアの治療

治療は手術によってヘルニア門を塞ぎます。
以前はヘルニア門を糸で縫い合わせて閉鎖する方法でしたが、腹圧がかかってまた同じ部分に隙間ができる、つまり再発してしまう場合が多数ありました。
現在は人工補強材(メッシュ)を使用して、ヘルニア門全体を広く覆いヘルニア門を閉鎖する方法が主流となりました。
この方法はヘルニア門を縫い合わせる方法と比較して再発が少ないとされています。
当院では、経験豊富な複数の外科医が既往歴、画像情報、患者さまの病態等から最適な手術方法を選択しております。腹腔鏡手術でお腹の内側からヘルニア門全体に人工補強材を覆う手術(腹腔鏡下腹壁瘢痕ヘルニア修復術)も行っています。
全身麻酔で約1時間の手術で入院は1〜3泊となります。

腹壁瘢痕ヘルニア外来・入院・手術の流れ

月曜日から土曜日に腹壁瘢痕ヘルニア外来を開設しています。
外来にて診察後に手術の必要性がある場合は、手術前検査を行います。
受診の予約・お問い合わせは 03-3235-9939 へお願いします。

超音波検査・CT検査

問診票記入、診察後に腹部超音波検査・CT検査を行います。
手術を予約する方は、血液検査、心電図検査、レントゲン検査を行います。
すべての検査が終了した後、担当医が治療方針の説明を行います。
腹壁瘢痕ヘルニアは過去の手術の詳細が大切です。可能であれば主治医からの紹介状をご持参ください。

入院・手術

手術当日の午前中に入院していただきます。
手術前処置(臍処置、除毛など)を行い、午後から手術開始となります。(手術時間は約60〜120分です)

退院

手術翌日以降の退院となります。(最長術後3泊まで対応)

術後診察

手術後1週間後、2週間後に来院していただき、手術部位のチェックなどを行います。
その後の受診については患者様と相談の上、決めさせていただきます。

分からないこと、相談したいこと。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

初診・手術予約状況

手術予定表

初診・手術予約状況

日帰り手術実績

受診・予約のご案内

  • はじめての方へ
  • 外来のご案内
  • 外来のご案内

スタッフ紹介

脱腸コラム

学会実績

交通アクセス

東京ヘルニアセンター 執行クリニック

〒162-0803
新宿区赤城下町62番地アネックス62-1F
TEL. 03-3235-9939
FAX. 03-3235-9941

交通アクセス

メディア掲載実績

上に戻る