ホーム > 待機的虫垂切除術とは

待機的虫垂切除術

虫垂は大腸の始まりの部分である盲腸にぶら下がっている5〜10cmくらいの細長い臓器です。

草食動物では発達しており草などの食物繊維を分解するバクテリアの住み処になっていますが、雑食の人間では不必要な組織と考えられて来ました。
しかし最近の研究では、虫垂に待機的虫垂切除術(interval appendectomy)あるリンパ組織が免疫グロブリンを産生しており、腸内細菌叢の制御に関与していることがマウスを用いた実験でわかってきています。単孔式腹腔鏡下虫垂切除術

虫垂炎とは?

虫垂が細菌に感染して化膿性炎症を起こすことを虫垂炎といいます。
4歳以上の小児・成人に発症し、10-20歳代に最も多いと言われています。 若い男性や白人に多い。原因は細菌、ウイルス、アレルギーなどによって起こると言われていますが、はっきりとしたことはわかっていません。 虫垂の入り口に便が詰まったり、虫垂内腔の閉塞により腸内の細菌による二次感染が起こり発症します。

虫垂炎の治療法

虫垂炎は一般的に急に発症する病気です。過去には急性虫垂炎と診断されるとすぐに開腹手術をおこなっていました。
それは炎症を放っておくと膿瘍を作って腸閉塞を起こしたり、穿孔(炎症で虫垂に穴が開くこと)して膿がお腹中に広がり汎発性腹膜炎を起こすことがあるためです。
しかし最近では画像診断の発達、抗生剤の進歩により急性期は絶食、抗生剤の投与で治療を行い、炎症が沈静化した後に手術を行う待機的虫垂切除(interval appendectomy)が普及するようになってきました。

単孔式腹腔鏡下虫垂切除術

手術による治療法は病気の部分である虫垂を切除することで、確実に治療を終了する方法です。
以前は、右下腹部を5〜10 cm切って、虫垂をお腹の中から取り出す方法でした。
しかし1990年代から腹腔鏡と言うカメラを使用した手術が主流になっています。 この方法は、おなかに開けた小さな穴から中に腹腔鏡を入れ、おなかの中を二酸化炭素ガスでふくらませて、テレビモニターでおなかの中を見ながら手術を行ないます。
お臍の下のカメラを入れる穴以外に、電気メスなどの手術器具を使うために3ヶ所の小さな穴を開けて、普通の手術と同じように安全に虫垂を切除します。

さらに2009年からお臍の創1カ所から腹腔鏡下に虫垂を切除する手術が始まりました。 それが単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術です。 1つの孔から手術を完遂する方法で、医療機器の進歩と医療技術の追求により生まれた最新の手術方法です。
術後はお臍の穴と区別がつかないくらいになり、痛みの軽減も期待できます。当院ではお臍につけた小指1本分の創で手術を行う手技を考案し実践しています(この術式が適応にならない方もいます。詳細は担当医にお聞きください)。

執行クリニックでは、待機的虫垂切除の適応に対して、短期滞在による腹腔鏡手術に取り組んでいます。(保険適用)

平成27年7月、新たに内視鏡手術の技術認定医である松田 年(まつだ みのる)医師を内視鏡手術センター長として迎え、単孔式内視鏡手術を中心に虫垂切除等の治療に当たります。
単孔式内視鏡手術は、高い技術と経験が必要となります。 もちろん術者をサポートする内視鏡の操作も視野を確保するうえで重要な役割となります。

常時2名の内視鏡の専門医
安全で精度の高い単孔式内視鏡手術を医行うためには、常時2名の内視鏡の専門医が必要となります。
執行クリニックでは、内視鏡手術の技術を専門的に会得した医師が手術を行っております。
日帰り手術センターである、神楽坂DSマイクリニック院長 川崎篤史(かわさき あつし)も手術に携わります。
高い技術を持った医師が常に2名、麻酔医と万全の体制を整え患者様に安心して手術を受けて頂けるようになっております。

単孔式腹腔鏡下虫垂切除術とは?

お臍の下で殆ど目立ちません単孔式内視鏡手術の特徴とは、その名の通りひとつの孔から内視鏡と手術器具を挿入する手術です。
通常の内視鏡手術では、カメラを挿入する孔と治療の器具を挿入する孔を3カ所程度の切開が必要とされています。

単孔式とは、それらをひとつの孔で行う高度な術式で有り、術後の傷あともひとつです。
しかも、お臍の下で殆ど目立ちません。特殊な腹腔鏡と鉗子、器械を使用するため専門施設での手術をお勧めします。
単孔式内視鏡手術の特徴
単孔式内視鏡手術の特徴
単孔式内視鏡手術の特徴

受診の流れ

執行クリニックにて待機的虫垂切除に対する専門外来を開設しています。
外来にて診察後に手術の必要性がある場合は、手術前検査を行います。
受診の予約・お問い合わせは 03-3235-9939 へお願いします。

大学病院等で各種検査(CT検査など)が済んでおり、結果をお持ちの方はご持参ください。
問診票記入、診察後に腹部超音波検査・CT検査を行います。すべての検査が終了した後、担当医が治療方針の説明を行います。

検査の結果、手術適応と判断された場合は手術治療になり、待機的虫垂切除の手術治療について説明させていただきます。
ご理解頂ければ、日帰り手術についての説明を行います。

手術をご希望される方は、あらかじめ手術を希望する日をある程度決めておいてください。
手術日が決まった時点で手術のオリエンテーションをコーディネーターから行います。

日帰り手術は特別なプロセスで行います。
手術当日を含め、それまでの過ごし方などを説明させていただくことをオリエンテーションといいます。
日帰り手術は高度な医療サービスです。 クリニックでの滞在時間が極めて短いので、患者さま自身が日帰り手術を受けるという意識と理解がたいへん重要です。
手術当日までの過ごし方、前日の過ごし方など、手術までの生活や、急に痛くなった時の対応などをしっかり説明させていただきます。
日帰り手術は、患者さまの負担を軽減し、病院で過ごす時間を短くするために患者さまとともに進める必要がありますので、ご理解とご協力をお願いしております。
手術後に「受けてよかった」と思っていただける結果をいっしょにつくりましょう。

手術当日の午前中に入院していただきます。手術前処置(臍処置)を行い、手術開始となります。
(手術時間は約30~60分です)

手術当日の退院、もしくは翌日の退院となります。日帰り手術には適応があります。
(最長術後3泊まで対応)

手術後1週間後、2週間後に来院していただき、手術部位のチェックや血液検査を行います。
その後の受診については患者様と相談の上、決めさせていただきます。
手術が終わって半年後に腹部CT検査を行い終了となります。

待機的虫垂切除術Q&A

虫垂炎と診断されたら必ず手術が必要でしょうか?
緊急手術が必要な場合はお腹に膿がたまって腹膜炎になっている場合です。ご高齢で虫垂炎により全身状態がよくない場合も手術適応になります。虫垂炎と一口に言っても炎症の程度で治療法が変わります。まず、絶食、抗生剤の点滴で治療を開始し(入院必要)、炎症が治まってくれば手術の必要はありません(保存的治療法)。穿孔性虫垂炎や、虫垂の入り口に便が固まっている(糞石)時は早い時期に手術をした方が本人も楽ですし、入院期間は短くなります。
保存的治療法で良くなった場合は手術は必要ありませんか?
初回虫垂炎の程度により変わります。保存的治療法を受けた方の経過をみれた人において33%が再発を認め、その21%に虫垂切除を行ったという報告があります。虫垂炎はいつ発症するか予測がつきません。初回の虫垂炎が酷かった方や保存的治療後、痛みを2回以上感じている方は手術された方がよろしいでしょう。
保存的治療法を行った後、手術までどのくらい時間を置けばいいでしょうか?
少なくとも保存的治療法を行ってから3か月は置いて下さい。炎症が治まってから手術を行う必要があるからです。
緊急手術ではなくなぜ待機手術を行うのですか?
虫垂の炎症が強くない場合では緊急手術の手術成績は一般的に良好です。しかし虫垂周囲に膿がたまっているような虫垂炎では、創の感染などの術後合併症が待機手術の方で少ないという結果がでています。従って最近は待機的虫垂切除術を行う施設が増えてきているのです。

分からないこと、相談したいこと。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

初診・手術予約状況

手術予定表

初診・手術予約状況

日帰り手術実績

受診・予約のご案内

  • はじめての方へ
  • 外来のご案内
  • 外来のご案内

スタッフ紹介

脱腸コラム

学会実績

交通アクセス

東京ヘルニアセンター 執行クリニック

〒162-0803
新宿区赤城下町62番地アネックス62-1F
TEL. 03-3235-9939
FAX. 03-3235-9941

交通アクセス

メディア掲載実績

上に戻る